メルカリの相場を調べる3つの方法

この記事は4分で読めます

 

メルカリで出品するとき、あるいは少しでも安く購入したいとき

メルカリで売られている商品の相場が気になると思います。

 

また、趣味や断捨離目的として販売するだけでなく

せどり・転売としてメルカリを利用する場合でも

常に商品の相場というものが付きまわってきます。

 

そこでメルカリで出品・販売する際や、

購入・仕入れをする際の相場を調べる方法についてみていきます。

 

メルカリの商品価格相場の調べ方の前に知っておきたいこと

 

メルカリの相場の調べ方について説明する前に

知っておくべきことを説明します。

 

それは相場は生き物であるということです。

当たり前ですがどんな商品であれ相場が永遠に同じということはありません。

 

とはいえ、一般的にモノの値段・相場は

株や有価証券のように大きく変動することはありません。

これはモノは流動性・換金性が低いからです。

したがって物の相場は一般的に安定しています。

 

しかし、モノの値段・相場が急激に変動するときもあります。

モノの値段・相場が急激に変動するのは次のような場合です。

  1. 新品→中古品になったとき
  2. 需要と供給のバランス崩れたれたとき

 

ここで大切なのは2.の需要と供給が崩れたときです。

需要と供給の関係が崩れたの場合、

過去の相場は基本的にあてにならなくなります。

 

例えば昔買ったけど一度も使うことがなかった

ゲームソフトを新品としてメルカリで売るとします。

メルカリ内で過去に売れたものを検索して調べてみると

同じソフトが新品の状態で4000円で売れていました。

 

それでは今その商品が4000円で本当に売れるかというとおそらく売れません。

理由は過去の相場と今の相場は違うからです。

 

特にゲームソフトのような常に新しいソフトやハードが出てくる商品は

昔の商品は使っていない新品であっても相場が下がっていく傾向があります。

 

今現在家庭用ゲーム機市場といえばSwitchかPS4が主流ですが

いまさら昔のPS2や任天堂64のような昔のゲームソフトが

昔の値段で売れるわけがないというのはなんとなく理解できるかと思います。

 

過去にその値段で売れたからといって

今も相場がその値段かといえば必ずしもそうではありません。

 

それではどのようにして相場を調べていけばよいのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

 

メルカリ内で同じ商品を検索して相場を調べる

 

メルカリで売買するのであれば、まず第一にメルカリ内で検索して相場を調べるべきです。

売りたい商品・買いたい商品と同じ名前で検索しておおよその相場価格を調べます。

まず相場価格を調べたい商品名をメルカリで検索します。

商品の状態を選択して販売状況が売り切れのものにチェックを入れて再度検索しなおします。

すると今までに売れた同じ商品が一覧としてできくるので

おおよその相場価格がわかるはずです。

 

メルカリ内で売り切れている同じ商品は特に相場価格の参考になります。

ただし、メルカリ内で売り切れている商品はいつうれたのか?が重要です。

 

数日前、数週間前に売れている商品であれば

大きく相場が動いている可能性は低いので

その売れている商品価格は大いに相場価格の参考になります。

 

しかし、数か月前、数年前に売れた商品価格は

相場価格が大きく変動している可能性があるので注意してください。

 

Amazonで同じ商品を検索して相場を調べる

 

メルカリで同じ商品が見当たらない場合はどうすればよいでしょうか?

その場合はAmazonで同一商品を検索して調べることで

おおよその相場価格を知ることができます。

 

ただし、Amazonの商品価格の正確な見方は少し癖があります。

こちらをご覧ください。

 

Nintendo Ssitchのゲームソフト「Splatoon2」です。

赤枠部分のところに価格が¥5,552と大きく出ているので

新品価格の最安値価格が5552円のようにみえます。

この赤枠のところに出てくるものを「カートボックス」といいます。

 

しかし、実際の新品価格の最安値は下方に見える緑色の枠に出ている5050円です。

これはAmazonマーケットプレイスの独特な仕組みで、

カートボックスはAmazonと大口契約をしている出品者でかつ最安値の出品者

カートボックスを取得して、大画面で表示される仕組みになっています。

 

大口契約をしていない最安値の出品者がいる場合、

カートボックスの値段が最安値にならない場合があります。

 

そこでAmazonマーケットプレイスで販売されているすべての商品の詳細を確認する場合は、

右下の青色の四角でかこった「新品/中古品の出品を見る」をクリックします。

すると、このように中古品・新品すべてのものが安いものから順番に表示されます。

中古品の場合は詳細なコンディションも明記されています。

中古品の相場を参考にするときは、このコンディション欄も参考になるでしょう。

 

左側のチェックボックスで新品をクリックすると

新品だけの商品を安い順に並べて表示することができます。

一番最初の画面で表示されていたカートボックスの商品は、

水色でprimeと表示されていた一番下の商品でした。

このprimeマークはAmazonプライム会員の場合送料無料であることを意味します。

 

Amazonマーケットプライスで最安値の価格は

メルカリで販売されている価格より少し安い傾向があります。

それを目安にメルカリでの価格決定をしてみてはどうでしょうか?

 

 

モノレートで同じ商品の相場の推移を調べる

 

さらに詳しく相場を調べたい場合はモノレートを使うことをオススメします。

 

モノレートはAmazonで販売された商品の最安値と販売回転数を表示してくれるサイトで

これによって今現状の相場だけでなく過去の相場の推移まで詳しく相場を調べることができます。

 

まずは「モノレート」で検索してモノレートのサイトに移動します。

次に調べたい商品を検索して詳細情報を調べます。

 

ここで注意が必要で、似た商品でもAmazonで別口出品の場合があるため

商品名で直接検索するよりもASINで検索することを推奨します。

ASINとはAmazon専用の番号で、これによって同一商品を特定することができます。

ASINはAmazonの商品ページで下の方にスクロールすると

登録情報の欄に必ず記載されています。

 

先ほど例に挙げたゲームソフトだとB072J2J26Tです。

この文字列を検索窓にコピペして検索すると

過去から現在までの商品の最安値価格の推移をみることができます。

この最安値の推移のグラフが上向きであれば、今後相場も上昇する見込みがあります。

逆にした向きであれば、今後の相場も下降していくでしょう。

 

今回の商品のようにグラフが横一直線に表示されているので

安定して需要があり商品が売れ続けていて

需要と供給のバランスが適切にとれている状態であることがわかります。

 

こういった場合は、相場も安定します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。