メルカリせどりで利益が出ないときに考えるべきこと

この記事は4分で読めます

メルカリで稼いでやる!と意気込んで始めたものの

やってみたら思ったより送料や手数料がかかって全然儲からない・・・。

そんな方が多いようです。

 

実際にメルカリボックスにも同様な質問を発見することができました。

「メルカリで利益が出ない」「あくまでも趣味でやっているから利益は追及していない」

こういった声が大半なようです。 こういった声が大半なようです。

 

一方でメルカリで稼いでいる人も確実にいます。

ネットビジネスをしていると

本当にいろんな人と知り合いになる機会があるのですが

メルカリせどりで堂々とお金を稼いでいる人と

何人も知り合いになってきました。

 

だからこそちゃんとメルカリでも稼いでいる人はいて

再現性もあるということを確信をもって言うことができます。

そこで、今回はメルカリで、
特にせどりとして、ネットビジネスとして取り組んでいる人向けに

どのようにすれば利益が出るのかということを見ていきます。

もし現状メルカリせどりをやっていて

利益が出ないのであれば参考にしていただければと思います。

メルカリせどりで利益が出ない時の販売価格は適正だったか?

もしメルカリせどりで本気で稼ぐのであれば

販売単価もそれなりに上げる必要があります。

売れないとどうしても販売価格を下げがちですが、

販売価格が低すぎると当然利益が出ません。

特に1つ300円で売るとなるとほとんど利益は出ないでしょう

もちろん仕入れが0円~数十円程度であれば問題なく利益は出るかもしれませんが、

販売価格の絶対値が低いとメルカリせどりで稼ぐというよりは

メルカリでお小遣い稼ぎをするということになっていしまいます。

お小遣い稼ぎや趣味としてメルカリをするのもそれはそれでよいです。

しかし、本気でメルカリせどりで稼ぐのであれば、どのようにして稼ぐのか

戦略に基づいて行動する必要があります。

「利益が少ない商品は仕入れる対象にしない。」

「何円以上の利益が見込める商品だけを仕入れる」

「何円以上で売れる見込みがあるものだけを取り扱う」

こういった約束事、ルールを決めて行動に移すことをオススメします。

メルカリせどりで売るための商品価格の相場を知っているか?

基本的にモノの値段というものは相場が存在します。

この相場を知っていなければ、そもそもどのくらいで売れるかどうかはわかりませんよね。

相場を知らなければメルカリせどりで利益が出ないのもの当然です。

商品の相場の調べ方は基本的にモノレートやメルカリ内での過去販売にされた取引価格を参考にします。

 

モノレートはAmazonでの販売価格の最安値と販売回転数を表しているサイトです。

あくまでAmazonでの販売価格ですが、

基本的には物の値段の相場はどこで売っても大きくは変わらないので

大変参考になります。

メルカリせどりで利益を出すための仕入れ価格は適正か?

粗利益 = 販売価格 - 仕入れ値 です。

したがって、メルカリせどりで利益を出すためには

販売価格を上げて仕入れ値を下げる必要があります。

逆にメルカリせどりで利益が出ないのであれば

もう一度基本に立ち戻ってこの関係から見直すべきです。

それさえできれば誰でも稼ぐことができます。

 

メルカリせどりで利益が出ない人が利益を出すためには

まずは仕入れ価格を下げる必要があります。

 

とはいっても現状メルカリせどりで利益が出ないのであれば

どのようにして仕入れ価格を下げるのかわからないでしょう。

そこで安く仕入れるためのいくつかの方法を簡単に紹介します。

  • 卸売り業者を通さず直接メーカーから仕入れる。
  • 東南アジアなどの人件費が安い国から輸入して仕入れる。
  • リユース品や中古品を売る。
  • メルカリアッテから仕入れる。

 

仕入れ価格を下げようと思えば、上記のような方法で安く仕入れることができます。

例えばメルカリアッテなどを見てみれば超格安品を見つけることができます。

中にはタダ同然の商品も見つけることもできます。

 

また中国などから直接商品を輸入することでも仕入れ値を下げることができます。

考えてみれば当たり前ですが、日本に存在している多くのコモディティ商品は輸入品です。

これは中国をはじめとする東南アジアのほうが人件費が安いためです。

需要と供給の関係は問題ないか?

 

商品価格の相場はどのようにして決定されるでしょうか?

商品価格は需要と供給の関係で決定されます。

どんな商品でも需要が多ければ高い値段でも容易に売れてメルカリせどりで利益を出すことができますし、

どんな商品であっても供給が少なければ高い値段でも売れてメルカリせどりで利益を出すことができます。

 

需要の高い商品か供給の低い商品を取り扱えば

メルカリせどりで利益が出ないということはまずないです。

 

それでは需要と供給の関係はどのようにして把握すればよいでしょうか?

以下が、需要と供給を把握する方法の一例です。

  • モノレートの最安値価格と販売回転率のグラフから需要と供給の変化をつかみ取る
  • 供給が圧倒的に少ない限定品や生産終了品を仕入れる
  • トレンド雑誌やツイッターなどの情報から需要の高い流行品を仕入れる
  • どのくらいの人がメルカリ内で同じ商品を扱っているのか?

モノレートを見るとグラフが急激に変動している商品を見つけることがあります。

こういった商品は需要か供給が急激に変動した商品で

需要と供給のバランスが崩れています。

そのような商品は転売することで確実に利益を見込むことができるでしょう。

また、雑誌などについている応募者限定品や流行品をはじめからあつかうのもよいでしょう。

 

メルカリ内で全く同じ商品をどのくらいの人が扱っているのか?ということも

需要と供給考えるうえで重要となってきます。

 

もしあなたが購入者側でメルカリで買い物をしていたとします。

欲しい商品を検索して出てきた物がほぼすべて売り切れていて

売れていないものがたったのひとつしかない状況だったらどうしますか?

 

おそらくすぐに購入すると思います。

というのも、放っておくと他の人に購入されてしまうからです。

 

もしメルカリ内で誰も取り扱っていない商品があるとするならば

商品の相場の決定権はあなたにあります。

このようにすることで高い値段で販売することができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。