借金を返すためにネットビジネスの高額塾に入るのは妥当か?

この記事は3分で読めます

ネットビジネスの大きな利点の一つが
一般的なビジネスと比べて
初期投資や固定費が圧倒的に少なくても済むことがよくあげられます。

例えばアフィリエイトであれば
PCと通信費用、年間数千円程度のサーバーやドメイン代だけで始められます。

人を雇っていなければ人件費もかからないので
ネットビジネスで失敗したからといって、
この状態で借金を抱えるということは”基本的には”ありません。

しかし、現実的にはネットビジネスで借金を被ってしまう人は多いです。
かくいう僕自身も100万円ほど借金をしたことがあり
しかもそのときは諸事情で貯金も収入も0でした。

 

そういったつらい状況に陥ると冷静で合理的な判断が難しくなります。
僕自身も実体験があるのでよくわかります。

しかし、残念ながら多くの人が
借金を返すためにネットビジネスの高額塾に入る
という行動に移してしまいます。

僕自身ネットビジネスで成功した人、失敗した人をたくさん見てきました。
かなり悪質なネットビジネスの業界の会社で働いたこともあります。

そこで、今回は僕自身が実際に見聞きした、あるいは体験したことを踏まえて
“借金を返すためにネットビジネスの高額塾に入る”
というのは妥当かどうか見ていきます。

 

借金を返すためにネットビジネスの高額塾に入るのはやめめるべき。

世の中には借金を返すためにネットビジネスの高額塾に入って稼げるようになり、
借金も全済している人もいます。

実際に僕の知り合いにもそういった人もいますし
間違いありません。

 

しかし、そういった現実がある一方で
借金を返すためにネットビジネスの高額塾に入った人の多くは
単に借金が増えただけで終わったという結果になる人が多いです。

その理由を説明していきます。

リスクが必要以上に高くなってしまう

そもそも冷静に考えれば
“借金を返すために借金をして高額塾に入る”というのは
借金の自転車操業と同じです。

借金を返すために借金をするというのは
かなりリスクが高い行為です。

とるべきリスクはとるべきだけれども、必要以上のリスクはとるべきではない。

ビジネスを行う上で”リスクをとる”ということは
絶対に避けては通れませんし
ある程度のリスクはとるべきものだと僕は思います。

しかし、すでに大きなリスクをとっている状態から
さらに大きなリスクをとるというのは
下手をしたら人生を破滅させかねません。

お金のトラブルで離婚・暴力・犯罪などなどにならないためにも

今自分がリスクをとれる状況なのかどうかの見極めが重要だと思います。

 

借金を返すために高額塾にはいる人の多くは”ノーリスク”を謡う案件に参加してしまう。

冒頭で僕自身悪質なネットビジネスを展開している会社で
働いた経験があることを述べさせていただきました。

そういった悪質な会社や業界では
“ネットビジネスで一度騙されたことがある人”をメインターゲットとして
ビジネスを展開しています。

結果としてネットビジネスで騙されたことがある人がたくさん集まってくるのですが
そういった方が参加する案件は決まって
“ノーリスクで簡単に楽して誰でも稼げる!”
といったような無料オファーです。

もちろんネットビジネスは一般的なビジネスに比べれば楽して稼ぐことはできます。
しかしそれはあくまでも仕組みを構築した後の話です。
仕組みを構築するまではコツコツと継続して取り組まなくては
成果は出ません。

“ノーリスクで簡単に楽して誰でも稼げる!”
こういった文言はセールスレター、セールスライティングの一種で
誇大広告や詐欺の可能性があるので慎重に判断する必要があります。

借金がある状態では冷静な判断が難しく精神的にも追い込まれている可能性が高い

現在収入がそれなりにある場合や、まとまった貯金があるのであれば
きちんと返す手立てがあるのでまだましです。
しかし、どちらもない場合は借金の返済で精神的に不安定になりがちです。

当然借金を返さなければ取り立てが来ます。

特にクレジットカードの支払いが滞っている場合は
支払日近くになると恐怖して、
支払日が過ぎるとまるで何事もなかったのかのようになります。

そんな状態でまともにビジネスができるでしょうか?

どんな高額塾やコンサルにはいったとしても、どんなネットビジネスだろうが、
初めは基本的に稼げません。

アフィリエイトであれば初めの数か月はグーグルに認知してもらえませんし
転売であってもノウハウや経験を自分に消化させるのに
それなりに時間がかかるはずです。

ネットビジネスに限った話ではありませんが、
もし現状借金を抱えているのであれば
まずは整理して環境を整えてからネットビジネスを始めるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。