苫米地英人のFntech Master Clubという高額塾が募集開始か。考察レビュー

この記事は5分で読めます

こんにちは。森友です。

今回は先日紹介した苫米地英人のオファー商品の情報が入りましたので

早速レビューしてまいります。

他の無料オファーとは一風変わっているレターを書いていたことを以前書いたこともあり、

ある意味楽しみにしていました。それでは見ていきましょう。

(以前のレビュー記事はこちらです)

 

苫米地英人のFntech Master Clubという高額塾が募集開始か。考察レビュー

 

特定商取引法に基づく表記

販売会社 合同会社一二三

販売責任者 中村一二三

電話番号 03-4405-4911

メールアドレス info@hidetotomabechi-fintech.com

所在地 栃木県宇都宮市東宝木町9番22号

 

まず苫米地英人のFintech Master Clubの情報をまとめてみました。

 

コンテンツ詳細

メインコンテンツ
1.Secret Seminar
2.Fintech Master program

特典

1.世界経済の裏側大解剖口座
2.10年後の未来大予測講座
3.世界観の作り方セミナー

価格 9万8千円

 

商品情報をまとめてみた感想ですが、無料オファーにしては安いなと思いました。

はっきり言ってこの感覚は異常なのですが、

無料オファーって20万30万の高額塾やシステムを売ることはざらにあるので

「それに比べれば」安いですね。

 

ただ10万という金額は普通に考えて高いので、

Fintech Master Clubに本当に9万8千円をはらって受講する価値があるかどうか

見極めていく必要がありそうですね。

 

肝心のFintech Master Clubの内容なのですが、

9万8千円するにしては内容が少ないなというのが正直の感想でしょうか・・・・。

9万8千円ですと高い情報商材でも3つくらい。安いものでも4~5個は買えます。

それを考慮するると2つのメインコンテンツと3つのおまけだけで9万8千円というのは高いと思いました。

 

この手の「特典」も情報商材を買えばだいたいついていますしね。

 

次にコンテンツの内容を見ていきましょう。

 

まず気になった点としてこちらが挙げられます。

今回開催する史上最大規模の仮想通貨プロジェクトにより資産は均等に流動する」と書かれています。

 

にわかに信じがたいですが、苫米地英人さんはカーネギーメロン大学卒のドクターなので

きっと私には理解できない高度な理論で実現可能なのでしょう。

 

とりあえず、100%富が均一にいきわたる現象が実現可能と仮定します。(にわかに信じがたいですが・・・・。)

 

「100%富が均一にいきわたるのであれば逆にFintech Master Clubに入る必要性がないのでは?」

これが私が一番最初に考察したことです。

 

100%富が均一に行き渡るのであれば9万8千円払って講義を受講しなくとも

Fintech Master Clubが始まり次第富の普遍化が行われるので

自動的にあなたのもとにお金が入ってくるわけです(笑)

 

となると今回のFntech Master Clubに入るべき人というのは

次に当てはまる人が対象と考えられます。

・トマベチアルゴリズム等の理論を学びたい人。あるいは学者。
・共産主義者。共産主義を実現したいと考えている人。
・苫米地英人のファン

 

仮想通貨でお金儲けをしたい人ではなく、

Fntech Master Clubの理論が知りたい人や

苫米地英人さんのファンといった人が対象であるといえます。

 

そんなことはないでしょ。というのが私の本音です。

 

再現性・実現可能性はあるのか?

 

次にFintech Master Clubに再現性や実現可能性があるのかどうか見ていきましょう。

どんなビジネスであろうとどんな塾、商材であろうと誇大表記ばかりであったり

一部の天才だけできて一般の人にはできない再現性・実現可能性の乏しいものであれば購入するべきではありません。

 

結論から言うと今回のFintech Master Clubは実現可能性は低いと思います。

以下が理由となります。

・「貧富の差がなくなる」というマクロ現象が起こりえるとは思えない
・トマベチアルゴリズムや暗号通貨の基礎等の理論を万人が理解できるとは思えない

 

それぞれ見ていきましょう。

 

まず一番目の理由として「貧富の差がなくなる」「100%富が行き渡る」という現象が

あまりにもマクロすぎる、壮大すぎて実現可能性が乏しいという事です。

 

正直言って私自身トマベチアルゴリズム等を理解していません。

もしかしたら、本当にトマベチアルゴリズム等の理論は貧富の差をなくすことができるのかもしれません。

もしそうだと仮定したとしても実現可能性は低いと思います。

といのも、世の中は様々な出来事が複雑に絡まりあって動いています。

 

貧富の差をなくす理論が正しかったとしても

非常にマクロな事象に対しては様々な要因を受け、

理論通りにいかなくなる可能性が極めて高いといえます。

 

個人が「仮想通貨で勝てる必勝法」を学び実践して成功する。

というミクロ的な事象とはわけが違います。

 

なにしろ貧富の差をなくすというのはいってみれば

資本主義から共産主義への転換ともいえますからね。

 

それだけマクロ的な事象であれば阻害要因もたくさん出てくるでしょう。

単一系での理論が正しくても複雑系では実現しないことはたくさんあります。

 

従って実現可能性は低いといえます。

苫米地氏が好き嫌いうんぬん抜きで、マクロ的な事象を個人が実現するのは相当難しいですよ。

 

もう一つの理由として挙げた

「トマベチアルゴリズムや暗号通貨の基礎等の理論を万人が理解できるとは思えない」

を見ていきましょう。

 

はじめに挙げた問題点をクリアできたとしても、

その大前提となるトマベチアルゴリズム等の理論を参加者が理解できるとは思えません。

 

苫米地英人さんはカーネギーメロン大学卒の博士号取得者です。

カーネギーメロン大学は東大よりもはるかに頭が良いことを前回の記事で紹介しました。

(前回の記事はこちら

 

実際に数十年前に暗号通貨の理論も発明しています。

その証拠として自分の論文を上げています。

しかしそれを私たち一般人が果たして理解できるでしょうか?

また理解したうえでそれを消化・実践できるでしょうか?

 

話は変わりますがみなさん学生の頃勉強はできましたか?

私はそこそこできました。

私が中学生のころ勉強につまずいて塾に通い始めたのですが

毎回宿題で四苦八苦していました。

 

なぜかというと習ったことが一人でoutputできなかったからです。

初めて習ったときは学校の先生よりもはるかにわかりやすい授業で理解できたのですが

いざ宿題に手を付けると全く手が動かないんですよね。

 

そこで学んだのは「理解できるのと実践できる(問題が解ける)のは全く別次元のことだ」ということです。

そのことを塾講師は理解できたつもりになってるだけと言われていましたがね。

 

話を戻しますとこれだけ高度な内容の講義をして

その場で理解したとしてもそれを実践して応用し、

成功に至るまでの過程がうまくいくとは限らない

ということです。

 

誰にでもできそうなノウハウであれば話は別かもしれませんが

今回のFintech Master Clubはかなり高度なことをするわけですから

それこそ冒頭で上げたようなような学者のような賢い人でないと

「理解し実践し実現する」のは難しいと思われます。

 

「9万8千円はらって結局何も変わらなかった。」

ではあまりにももったいないですよね。

理解する必要がなくても問題ないのであればそもそも参加する意義がないですしね。

 

結論:仮想通貨で稼ぐのであれば苫米地英人のFintech Master Clubはお勧めできない。


本日のレビュー記事は以上となります。

ご購読ありがとうございました。

当ブログではLINE@にてフリマで儲かる商品リスト100をあなただけにプレゼント中です。

LINE@では転売だけでなくネットビジネスの有益な情報をいち早く提供いたします。

LINE@の登録は以下よりお願いします。

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

プロフィール&運営理念


ともひろと申します。

  • 典型的な学校には一人はいるいじめられっこ
  • 新卒入社の1日目で寝る
  • ひきこもりのニートになる
  • 借金生活・消費者金融を利用したことがある

そんなダメダメな僕でも
転売せどりで楽しく稼いで
自由な生活を手に入れることができました。

具体的にどうやって成功できたか、簡単なサクセスストーリーはこちらから見ることができます。↓
ともひろのプロフィール&ブログ運営理念をみる

その他、転売・アフィリエイト・プロダクトローンチなどの経験があります。

転売せどり初心者講座無料開講中!

当ブログでは転売・せどりをこれから始めたいという方のために無料でアフィリエイト講座を開講中です。よろしければこちらから、オリエンテーションにお進みください。