苫米地英人の仮想通貨の稼ぎ方は稼げるのか?評判レビュー

この記事は5分で読めます

 

こんにちは。森友です。

今回もまた仮想通貨の案件が入ってきましたね。

自称仮想通貨の業界有名人がばっこするなかで、

今回のオファーは苫米地英人という

カーネギーメロン大学の博士号取得者のオファーということで非常に注目度が高いです。

 

もともと知名度があるお方みたいなので、

どこの馬の骨かもわからない人のオファーのような

無責任なことばかり言うようなこともできないと思います。

詳しく見ていきましょう。

 

 

苫米地英人の仮想通貨の稼ぎ方は稼げるのか?評判レビュー

 

URL:http://hidetotomabechi-fintech.jp/genius/

 

今回の仮想通貨のオファーは苫米地英人さんによるものになります。

プロジェクト名ですが・・・・今のところ分かりません。

「主役は、規格外の男。」ですかね???

 

まず初めに今回のオファーが信用に足るものかどうかを判断する材料とするためにも

苫米地英人さん自身についてみていきましょう。

 

苫米地英人さんの経歴はカーネギーメロン大学院卒です。

カーネギーメロン・・・。なにそれ?

と思う方もいるかもしれませんが

アメリカの名門工科大学の一つで

カーネギーメロン大学は国際的にみれば東大なんかよりもかなり有名です。

 

Times Higher Educationの2016-2017年年度の世界大学ランキングでは23位で

もちろん東大(39位)より上です。

他の指標なんかでも東大よりも上で、

例えば卒業生らなどのノーベル賞受賞者も13名輩出しています。

(ちなみに東大は8名です。)

 

そんなすごいカーネギーメロン大学なのですが、

そのなかでも計算機械学(コンピューターサイエンス)分野に秀でていて、

この分野では世界1位と言われています。

 

動画をみて経歴自慢がうざいと感じる方もいるかもしれませんが

カーネギーメロンの博士号を取るのは本当にすごいことで、

日本の大学と違いアメリカの大学で卒業するのは難しいことだし、

ましてや博士号だとなお難しいです。

 

私の親戚が大学教授なのですが話によると

日本の大学院だと大抵の大学ではきちんと院で数年間研究して論文を書いていれば

今は大学院の定員割れも珍しくないので博士号が取れてしまうのですが、

そういったこともアメリカの大学ではありえません。

 

苫米地英人さんは実際に計算言語の論文もだしているので、

自称業界有名人なんかよりよっぽど信用に足るものだといえます。

 

とここまでべた褒めさせていただきましたが

学者として以外の顔として、ビジネスマンの顔もあります。

 

一つは著者としての顔です。

 

本を数多く書いており脳心理学の分野を多く書いているようです。

「洗脳原論」、「洗脳支配―日本人に富を貢がせるマインドコントロールのすべて」、

「営業は「洗脳」― 一瞬でお客様を支配する禁断の営業術」、「洗脳力」、「洗脳論語」など、

特に「洗脳」に関する本が多いという印象を受けました。

 

偏見かもしれませんが、ネットビジネスと洗脳が組み合わさったらちょっとやばそうですね。

その他には自己啓発本を大量に出しているようでした。

 

もう一つは情報商材販売者、ネットビジネスマンとしての顔です。

苫米地英人さんは過去にも様々な商材をネットで販売しているみたいです。

 

たとえばこちらのモーツァルト脳。

(https://www.forestpub.co.jp/mozart/)

“モーツァルトの情報空間にアクセスすることで→IQはどんどん上がる!ゴールもガンガン達成される!”

と書かれています。

 

 

モーツァルト効果というものがあってモーツァルトの音楽を聴くと

「一時的に」IQが上がるといわれていますがモーツァルト効果ではないと書かれています。

また、こちらの教材で次の能力が上がるそうです。

1.問題解決力

2.情報処理能力

3.目標達成力

4.学習能力

 

正直言って本当に効果あるのかよって思いましたw

DVD2枚とCD4枚で7万円するみたいですね。

あかんやつだと思うのですがどうなのでしょう・・・・。

 

その他にも様々な商材を売っていますね。

自身のDVDオフィシャルサイトでは10万円を超えるDVDを17個も出しています。

「超情報場仮説 ~ハイパーヒーリングとゴール現実化」、「空の理解と体得」、

「現実からの覚醒 ~超自我の構築と宇宙創造」等々。

 

タイトルだけでも何言ってるのか分からないレベルで抽象的?なものです。

わけわからなさすぎてさすがに笑ってしまいました。W

最新の18弾は割引で9万8千円で買えるそうですが需要あるのかこれ・・・?

 

ビジネスマンとしても成功していてかなり稼いでいるみたいですね。

Wikipediaによるとフェラーリ2台買ったとかなんとか

(まあwikipediaはあまり信用できませんが)

 

苫米地英人さんの印象のまとめですが、

経歴などは信頼出来て過去のビジネスなどの実績はあるものの

少し怪しい?情報商材?も販売しているといったとこでしょうか。

 

ここまでに苫米地英人さんついてみていきましたが

肝心な稼ぎ方はどうなっているのでしょうか?

 

稼ぎ方自体はまだ未公開のようです。

あくまで憶測ですが、「ペチユニット」というものを売るみたいですね。

今後どのようになっていくか楽しみなのですが、

気になる点を見つけたのでそこに突っ込みを入れていこうかと思います。

 

今回のプロジェクトに参加すると貧富の差がなくなるようです。

 

苫米地英人さんの「トマベチアルゴリズム」の理論がどんなものなのか正直言って分かりませんが

どんなものであれ富の差がなくなる・・・・なんて本当にあり得るでしょうか?

さすがに言い過ぎだと思います。

仮に理論上はそうであったとしても実現性はほとんど無いんじゃないのではないでしょうか?

 

それこそ動画内でも言っていた富裕層が政治家に献金云々等々の妨害工作をして失敗してしまうのではないでしょうか?

それに少なくとも資本主義社会では富の差ができるのが前提としているはずだと思います。

「お金」が中心とした考え方で個々人が提供した価値の対価に対する報酬として

それぞれお金が得られるのが資本主義社会というものだと認識しています。

 

「100%富が均一に行き渡る」という表記も現実的ではないと思います。

 

ただ今回の第一話の動画は見ていて面白かったです。

今回のオファーに参加するかどうかは別として、

動画を見る価値は大いにあると思いました。

 

なんでかというと、きちんと論理的に自分の主義主張がちりばめられていて

仮想通貨の時事問題などからの推測など面白い考え方だなぁと思いました。

自分の意見を論理的に展開できていて、そういう考え方もあるのかと感じました。

よくある巷にあふれる詐欺的なオファーってテンプレのオンパレードなんでよね。

 

 

例えば

「仮想通貨の9割は詐欺です。私が稼いでいるところ、口座を見せます。私は信用できます。さあ俺についてこい!」

これが詐欺的オファーの典型です。

 

口座の数字なんてソフトなどをつかえばどうにでも偽造できますし

そもそも仮に稼げていたとしてもその人が信用できるかどうかはまた別問題でしょ?

 

自分の意見を主張するさいに自分の意見をまじえて論理的に話すのは至極当然です。

(なぜなら自分の意見なのだから)

 

しかしながら、この業界ではそれができていなく、

テンプレでオファー人が稼ごうとする人が後お絶ちません。

テンプレを使わざるを得ないのはオファー発起人に実績がないからなんだと思います。

 

結論:現時点では苫米地英人の仮想通貨の稼ぎ方は現実的ではないと思われるが詳細がわからずどうなるかわからない

苫米地英人さんの高額塾の情報がわかりました。

高額塾のレビュー記事はこちらになります。


本日のレビュー記事は以上となります。

ご購読ありがとうございました。

当ブログではLINE@にてフリマで儲かる商品リスト100をあなただけにプレゼント中です。

LINE@では転売だけでなくネットビジネスの有益な情報をいち早く提供いたします。

LINE@の登録は以下よりお願いします。

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

プロフィール&運営理念


ともひろと申します。

  • 典型的な学校には一人はいるいじめられっこ
  • 新卒入社の1日目で寝る
  • ひきこもりのニートになる
  • 借金生活・消費者金融を利用したことがある

そんなダメダメな僕でも
転売せどりで楽しく稼いで
自由な生活を手に入れることができました。

具体的にどうやって成功できたか、簡単なサクセスストーリーはこちらから見ることができます。↓
ともひろのプロフィール&ブログ運営理念をみる

その他、転売・アフィリエイト・プロダクトローンチなどの経験があります。

転売せどり初心者講座無料開講中!

当ブログでは転売・せどりをこれから始めたいという方のために無料でアフィリエイト講座を開講中です。よろしければこちらから、オリエンテーションにお進みください。